ESGへの取り組み

ESGに関するイニシアティブへの参加

当社では不動産の投資判断において、対象不動産の収益性に加え、環境(アスベスト、土壌汚染等)、テナント(反社会的勢力、労働環境等)、周辺地域(コミュニティとの関係、交通渋滞による周辺環境への影響等)への影響についても精査し、考慮しています。

責任投資原則(PRI)への署名

当社は、ESGの課題を投資判断に取り込むことを提唱している「責任投資原則(PRI:Principles for Responsible Investment)」の基本的な考え方に賛同し、2018年11月にPRI署名機関となりました。PRI署名機関はESGの視点を投資の意思決定プロセスに組み込み、受益者の長期的な投資パフォーマンスを向上させ、従来以上に受託者責任を更に果たすことを目指しています。

※責任投資原則(PRI): 2006年にコフィ・アナン国連事務総長(当時)により金融業界に対して提唱された投資原則です。PRIでは、以下の通り、投資を通じてESGについての責任を果たす際に必要とされる6つの原則が明示されています。
PRIの要旨
1. 私たちは、投資分析と意志決定のプロセスに ESGの課題を組み込みます
2. 私たちは、活動的な所有者になり、所有方針と所有慣習にESG問題を組み入れます
3. 私たちは、投資対象の主体に対してESGの課題について適切な開示を求めます
4. 私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるよう働きかけを行います
5. 私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します
6. 私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します

ISO14001の認証取得

当社は、ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを通じ、環境パフォーマンスの改善に向け、継続的・体系的な取り組みを進めています。

ISO14001の認証取得

<ISO14001認証の概要>
適用規格:ISO14001:2015, JIS Q 14001:2015
認証範囲:金融商品取引法に基づく投資運用業
認証機関:ビューローベリタスジャパン株式会社
認証番号:4315684

※ISO14001: スイスのジュネーブに本部を置く非政府機関である国際標準化機構(International Organization for Standardization)が制定した環境マネジメントシステムの国際規格であり、各国における認証機関が、ISO14001に定められた環境マネジメントシステムの基準(ISO14001において「要求事項」と呼ばれています。)に基づく審査を実施し、「要求事項」を満たしていると確認された場合に認証されます。

SDGsへの取り組み

ユナイテッド・アーバン投資法人及び当社は、社会や環境と共生・共存できる健全な経営を達成するために、ESG(環境・社会・ガバナンス)への配慮を通じたサステナビリティの向上に取り組んでいます。具体的には、ステークホルダーからの期待・関心、ユナイテッド・アーバン投資法人が及ぼす影響を踏まえ、ユナイテッド・アーバン投資法人にとって特に重要性の高い課題(マテリアリティ)を特定し、取り組んでいます。

ユナイテッド・アーバン投資法人は当社と共にSDGsを支持しており、ESG行動計画・目標とSDGsの目標を関連づけて開示するなど、中長期的な視点から社会的課題解決に取り組み、SDGsへの達成に貢献するよう努めています。

※SDGs: 社会・経済・環境面における「持続可能な開発」を目指す国際社会共通の目標です。2015年に国連総会で採択され、2030年までの実現を目指す17の目標と169項目のターゲットが盛り込まれています。SDGsの詳細はこちら

「TOKYO働き方改革宣言書」提出・承認

当社は「働き方改革宣言書」を東京都に提出し、2018年11月に「TOKYO働き方改革宣言企業」として東京都知事の承認を取得しました。宣言書では、「従業員のライフ・ワーク・バランスの向上のため、働きやすく休みやすい会社になるよう、働き方改革に全社的に取り組む」旨を掲げており、下記を通じて業務の効率化及び有給休暇の年間10日以上取得等を目指しています。

働き方の改善:定時退社の意識付けを行う「ノー残業デー」の設定等
休み方の改善:1年1回1週間の連続有給休暇取得の促進等
本資産運用会社の「働き方改革宣言書」はこちら
  1. ホーム
  2. ESGへの取り組み
  3. ESGに関するイニシアティブへの参加